薄毛イメージ
HOME > 毛髪は3層構造

毛髪は3層構造

髪の毛に関する用語で「キューティクル」ってご存知ですか?
女性ならよく耳にする言葉ですが、
シャンプーのCMなどでおなじみですよね。

髪の一番表面の部分、ツヤツヤした髪に必要なもの、
こんなイメージでしょうか。(^^)

じゃぁ、その内側はご存知…???(´ー`)

実はね、円棒状の三層構造になっているんですよ。
髪の毛は細胞から出来ていて、
あんな細い髪も3層で出来ているって、スゴイと思いませんか?!

一番外側が、毛表層です。
おなじみのキューティクルで、ホコリをつきにくくしたり
内部の栄養を逃さず、外部の刺激から
髪の内部構造を守る役目を果たしています。
パサ付き、枝毛、すべりが悪いなどの髪のトラブルは
このキューティクルが痛んでいる証拠です。

2層目が毛皮質、コルテックスです。
メラニン色素を含む繊維状のたんぱく質で、
髪の色や髪のコシは、この部分が深く関わっています。

3層目の芯になる部分が毛髄質、メデュラと呼ばれています。
まるで蜂の巣のような構造で、空気穴が無数にあり、
頭部の温度調節をするなど、非常に重要な役目を果たしています。

おすすめPICK UP!!
>> 強引な勧誘は?AGA治療の無料カウンセリング体験記

ヘルスケア・ビューティーガイド

▲ページトップに戻る