薄毛イメージ
HOME > 髪は何でできているの?

髪は何でできているの?

髪の毛が3層構造で出来ていることは解りましたが、
ここまでの説明では、原料というか、
何から出来ているのかは、あまりよく解りませんよね。

前述したように、髪は皮膚が変化したものです。
実は、爪も同じく、皮膚が変化したものなんですよ。

ということは、皮膚は何から出来ている?ですよね。

皮膚は、主にたんぱく質と脂肪で出来ています。
このたんぱく質は、ケラチンと呼ばれる繊維質のもので、
皮膚の角質は柔らかく、髪の毛は硬いといった性質は違いますが、
どちらもケラチンで出来ているのは同じです。

このケラチンは、18種類のアミノ酸から出来ています。
髪の毛も皮膚もこの18種類のアミノ酸が
結合して出来ているのですが、
髪の毛と皮膚では配合のレシピが違うため、
まるで別物になる、というメカニズムなのです。

おすすめPICK UP!!
>> 強引な勧誘は?AGA治療の無料カウンセリング体験記

ヘルスケア・ビューティーガイド

▲ページトップに戻る