薄毛イメージ
HOME > ヘアカラーは脱毛の原因になる

ヘアカラーは脱毛の原因になる

日本人は、黒髪!という時代はいつの間にかなくなって、
今では、こげ茶色や、栗色、金髪などなど、
同じ髪の色の人を見つけるのが難しいぐらい、
カラーリングが当たり前になってきています。
男女問わず、とくに若い人に多い傾向ですよね。

そうです、良くないっぽいですよね。

そうなんです。やっぱり髪には良くないのです。

ヘアカラーには色々な方法がありますが、
特殊な薬剤を髪の毛に付けるには変わりありません。

強い脱色効果のある薬剤だと、
1層目のキューティクルを無理やりめくって侵入して
2層目のコルテックスにあるメラニン色素を脱色します。
そこに、色を入れる、着色するのですから、
髪にいいワケありませんよね。(^^;;

いかに、髪に優しいモノを使っていると宣伝していても、
カラーリングを何もしない状態に比べたら、
大きくダメージを受けることは否定できません。

おすすめPICK UP!!
>> 強引な勧誘は?AGA治療の無料カウンセリング体験記

ヘルスケア・ビューティーガイド

▲ページトップに戻る