薄毛イメージ
HOME > パーマは髪が痛む

パーマは髪が痛む

カラーリングで触れたことと同じように、
薬剤を使うパーマも髪の毛によい影響を与えません。

何が問題かというと、やはり、薬剤です。
パーマ液は直接髪が生える部分、
頭皮に触れますし、もちろん浸透もするでしょう。
人の皮膚に使うもので、安全性は確かめられていますが、
使用することによって起こる危険性も数多く、
使用上の注意に書かれています。

最近では、酸性パーマ液やO2パーマ液、
システィパーマ液など、
比較的髪へのダメージが少ないパーマが主流です。

しかし、100%安全で髪に優しく、ノーダメージ…
ではないことも覚えておきましょう。
心配な方は、美容師さんに相談するのもよいですね。

おすすめPICK UP!!
>> 強引な勧誘は?AGA治療の無料カウンセリング体験記

ヘルスケア・ビューティーガイド

▲ページトップに戻る